Q&A|川越いものさつまいも彦兵衛|埼玉県川越市

さつまいもの中でもおいしいと評判の川越いも
川越いものことなら人気の川越いものさつまいも彦兵衛(埼玉県川越市)にお任せください。

さつまいも彦兵衛
お客様の声お客様の声お客様の声お客様の声お客様の声お客様の声お客様の声
さつまいも彦兵衛
〒350-1159
埼玉県川越市中台2-1-29
Q&A
TOP >  Q&A
さつまいもの保存方法を教えて下さい。
さつまいもの貯蔵適温は13〜15℃、湿度は80〜90%とされています。 寒さに弱いので気をつける必要があります。冷蔵庫には入れないで下さい。 ポリ袋などに入れずに、新聞紙で包むかダンボール箱等に入れて、陽の当らない冷暗所で保存するのが良いです。

さつまいもを切ると出る白い液体は何ですか。
さつまいもを切ると粘性の白い乳液がでてきます。これをヤラピンといいます。 そのままにしておくと黒いタール状の物質に変わります。 このヤラピンは昔から緩下剤としての効果が知られ、さつまいもを食べると便秘を防ぐといわれるのは、このヤラピンと食物繊維との相乗効果によるものです。

さつまいものつるを食べられますか。
たべられます。調理法はあえ物、酢のもの、天ぷら、炒め物などです。

さつまいもには花が咲くのですか。
さきます。花の形がアサガオを小さくしたような形で薄いピンク色をしています。 熱帯、亜熱帯ではよく開花しますが、日本では沖縄を除いて通常は咲きません。 条件によっては開花することもあります。これは栄養生長(芋の肥大)ができない環境下におかれたために生じる現象で、専門家によれば干ばつ気味の年には花が咲くことがあり、赤土でマルチ施用、施肥は少なく、降雨量も少ないというようなケースではつるの伸長が遅れ開花することがあるとのことです。

さつまいもという名前の由来は。
日本には原産地の中米からではなく、中国を経由して伝わってきました。最初は1604年に琉球に伝わったとされています。その後100年近く経てから種子島に伝わり、1700年代初めに薩摩藩が栽培を始めるようになりました。琉球や鹿児島では中国から伝わってきた芋ということで「唐芋」とよばれるようになりました。 そして1732年の「享保の大飢饉」が西日本を襲います。そんな中さつまいもが一気に注目を集める事となり、江戸幕府の目にとまり徳川吉宗によって起用され、青木昂揚らによって江戸に広まったとされています。なので、関東では薩摩藩から伝わった芋なので「薩摩芋」さつまいもとよばれるようになったようです。
ページトップへ